高齢者日常生活用具

高齢者日常生活用具(名古屋市)

火災警報機

1.火災警報機

【対象者】
65歳以上の寝たきりの方または65歳以上のひとり暮らしの方で災害時に直ちに脱出が困難な方


【性能・種類】
屋内の火災を煙により感知し、屋外にも警報ブザーで知らせ得るもの。


【給付限度額】
共同住宅:13,000円(2個) / 2階建以上:19,500円(3個)


【耐用年数】
8年

自動消火器

2.自動消火器

【対象者】
火災警報器に同じ


【性能・種類】
室内温度の異常上昇または炎の接触で自動的に消火液を噴出し初期火災を消火し得るもの。


【給付限度額】
25,000円


【耐用年数】
10年

電磁調理器

3.電磁調理器

【対象者】
65才以上の寝たきりの方または65歳以上のひとり暮らしの方あるいは65歳以上の方のみの世帯等


【性能・種類】
電磁による調理器であって高齢者が容易に使用し得るもの。

[注意]
①ペースメーカーに影響することがあります。
②使用電力が大きいので、住宅状況によっては使用できない場合があります。


【給付限度額】
20,000円


【耐用年数】
7年


高齢者日常生活用具給付の流れ(名古屋市)

1.相談・確認

1.相談・確認

対象者の要件に合致しているか、利用者の負担額はいくらになるか等をお住まいの区の区役所福祉課福祉係にて相談、確認して下さい。

2.見積もり依頼

2.見積もり依頼

登録業者から希望種目の見積書を取り寄せて下さい。

3.申し込み

3.申し込み

お住まいの区の区役所福祉課福祉係宛てに以下の書類を提出して下さい。

 高齢者日常生活用具給付申込書
 用具の見積書(商品の分かるカタログ等の写しを添付)

登録業者の中から取り寄せて下さい。

4.給付券交付

4.給付券交付

給付等が決定されますと、区役所から給付券が交付されます。

5.納品日調整

5.納品日調整

見積書の業者にご確認のうえ、用具の受取りの日を調整して下さい。

6.納品、自己負担額支払い

6.納品、自己負担額支払い

用具の受け取りの際には、給付券に受け取り日を記入し、署名、押印のうえ、業者にお渡し下さい。その時、給付券に記入されている自己負担額(利用者負担額)と限度額を超えた額がある場合はその額を合せて直接業者にお支払い下さい。